今週の1曲 アイ・フィール・ファイン

小西さんの投稿

アイ・フィール・ファイン

12月8日はジョン・レノンの命日です(厳密に言えば日本では9日になるのですが……)。亡くなったのが1980年ですから、あれからもう42年もたってしまいました。生きていれば82歳。どんな82歳になっていたのでしょう。射殺のニュースを知ったのは、車の運転中に聞いていたラジオから。その衝撃はかなりのものでした。ちょうどジョンが久しぶりにリリースしたLP、『ダブル・ファンタジー』を買ったばかりで未開封でしたが、ショックが大きく、そのアルバムは封印したまま、二度と聞くことはありませんでした。そのぐらい大きな悲しみでした。

さて、そのジョン・レノンの命日と言うことで、銀造さんからリクエストいただきました「アイ・フィール・ファイン」についてチョットお話したいと思います。

この曲の印象的なリフの元ネタは、ボビー・パーカーの「ウォッチ・ユア・ステップ」のギター・フレーズ。リンゴのドラムも「ウォッチ・ユア・ステップ」から取り入れています。こういう「ホワッド・アイ・セイ」のようなラテンR&B風のドラミングもできるから、リンゴはビートルズに欠かせない存在なんですね。

ジョンは、ギブソン・エレアコ・ギターのボリュームを上げたまま、アンプに立てかけようとしたとき、突然出てきた「♪ギヨーン」という音にビックリ。このフィードバックの音が気に入り、曲の頭に入れると面白いと考え、それ以後のテイクすべてでフィードバックが起こる位置にギターを構えたそうです。いわば音楽界初のフィードバックです。

イントロの「♪ギヨーン」が終わり、ギターが入ってからの6小節はジョンが1人で弾き、7小節目からジョージが入ってきます。歌になってからはジョージがジョンに替わって同じフレーズを弾き、間奏もジョージが弾いていますが、間奏の終わりでジョンとジョージのフレーズがユニゾンになったところが、最高に心地よいですね。ジョンのギター・フレーズの発想は本当にずば抜けています。やはり彼はスゴかった!

タイトルとURLをコピーしました