今週のアーチスト ザ・シーカーズ

小西さんの投稿

ザ・シーカーズ

ザ・シーカーズは、1962年にオーストラリアで結成されたグループです。エソール・ガイ、ブルース・ウッドリー、キース・ポトガーの男性3人に、紅一点のジュディス・ダーハムという編成で、 1964年の夏に公演先のイギリスで、スプリングフィールドという、やはり女性1人(ダスティ・スプリングフィールド)+男性2人のフォーク・トリオを組んでいたトム・スプリングフィールド(ダスティの兄)に認められ、トムの楽曲&プロデュースで世界に向けて発信。デビュー曲「恋はたった一つ」が65年2月に全英トップ(その後全米でも4位)になるという華麗なデビューを果たしました。 時はまさにビートルズを頂点とするビート・バンドの全盛時代。フォーク・ベースの爽やかなコーラス・グループ、ザ・シーカーズの登場はとても新鮮でした。

健康的なちょっと太めのジュディス、髪がショートな男性3人。こうしたクリーンで安心できるイメージが幅広く老若男女に受け入れられたのか、「二人の世界」(65年全英3位・全米19位)「涙のカーニバル」(65年全英1位)「ジョージー・ガール」(67年全英3位・全米2位)、そして今週のトニーさんのリクエスト曲「朝の街に日が昇る(モーニングタウン・ライド)」(67年全英2位・全米44位)とヒットが続きました。

忘れてはならないのがポール・サイモンとの関係です。サイモン&ガーファンクルで世に出る前、イギリスにいたポール・サイモンと彼らは交流。作品を歌うだけでなく、ブルースがポールと共作して「レッド・ラバー・ボール」( 66年サークルが全米2位の大ヒット)という名作を生み出しました。

残念なことにジュディス・ダーハムが気管支拡張症のため、今月5日に亡くなりました。79歳でした。また1人、思い出の歌手がこの世を去ってしまいましたね。残念です。合掌!

コメント

タイトルとURLをコピーしました