今週の1曲 「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」

小西さんの投稿

サーフィンU.S.A. チャックベリーのスイートリトルシックスティーンの盗作だといわれました。そのビーチボーイズのサウンドをパロディにしているのが「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」です詞の中に登場する航空機会社の「BOACU.S.S.R.(ソ連)」も既になくなっています。それからずいぶん時間がたっているにもかかわらず曲の古さは微塵も感じられません 

 インドのリシケシュでマハリシの講義を受けた際に同行していたビーチボーイズのマイクラブがポールから弾き語りでこの曲を聞かされました。そのとき、 ロシアの女の子のことを歌った方がいいとマイクがアドバイスしたことを受けロシアの歌にしたとか。歌の内容は、マイアミビーチに到着したばかりのプライドの高いロシア人旅行者が、アメリカに来たのに、グルジアの山々が懐かしくて仕方ない、といったものです。 

タイトルはチャックベリーのバック・イン・ザ・U.S.A.のパロディポールのユーモア感覚でレイチャールズの名曲ジョージアオンマイマインドのようにグルジア・イズ・オールウェイズ・オン・マイ・マインド」と歌っています。英語表記ではグルジアもGeorgia」ですから余談ですが、ポールの歌でウクライナを英語では「ユークレイン」と発音することを初めて知りました 

全体にジョークポップ感あふれた作品ですが、このアルバムのレコーディングの最中ビートルズのメンバーの仲はどんどん悪化していったようです。リンゴはほかのビートルズが好き勝手にレコーディングをしていたためお呼びがかかるまでチェスなどで時間を潰していることが多かったそうです 

バック・イン・ザ・ U.S.S.R.のレコーディングの最中、リンゴが少しとちったことをポールがからかったことでとうとう堪忍袋の緒が切れたリンゴは一時的にビートルズを脱退しましたこのリンゴの脱退劇は極秘にされていたのですが、リンゴがいなくてもレコーディングは中止せずに進められましたそのためベーシックなリズムセクションはポールのドラムスジョージのリードギタージョンのフェンダー6弦ベースで演奏されています。リンゴは演奏せず、ドラムはポールだったんです。ちょっと物足りないドラムではありますが、ノリは充分です。リンゴなしでもここまでできてしまうのですから、リンゴが自分の立場について悩むのもよく分かります。リンゴがいなくてもレコーディングを進めてしまうということは、ビートルズはほぼ解散状態だったのでしょうね。しかし、リンゴが演奏していない曲を2枚組アルバムのトップに選んでしまうというのも、ビートルズならではの大胆さといえますよね。 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました