今週のアーチスト リッキー・ネルソン

小西さんの投稿

リッキー・ネルソン

1940年、芸能一家に生まれたリッキー・ネルソン。テレビの子役からロックンローラーに転身し、その甘いマスクと歌声であっという間にティーンエイジャーのアイドルとなりました。

歌手デビューは57年。以来、全米TOP40に35曲ものヒットを放ち、一時はプレスリーの人気に迫る勢いでした。主なヒット曲としては、デビュー曲の「十代のロマンス」(57年 全米2位)、58年の「プア・リトル・フール」(全米1位)、「ロンサム・タウン」(全米7位)、61年の「トラヴェリン・マン」(全米1位)、今日おかけするジーン・ピットニーの作品「ハロー・メリー・ルー」(「トラヴェリン・マン」のB面 全米9位 この曲でギター・ソロを弾いているのが、ジェームズ・バートン。この人のギターは最高)、62年の「ヤング・ワールド」(全米5位)「ティーンエイジ・アイドル」(全米5位)、63年の「イッツ・アップ・トゥ・ユー」(全米6位)などが代表的。若さあふれるロカビリー曲もいいのですが、スウィートなロッカ・バラードを歌わせれば、この人の右に出る者はいません。

そんなリッキー・ネルソンですが……残念なことに1985年に飛行機事故のため、45歳という若さで亡くなっています。ほんとアメリカは飛行機事故で亡くなるアーチストが多いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました