小西さんの投稿

小西さんの投稿です

小西さんの投稿

1960年代後半のアメリカン・フォーク

今週のゲスト、小松喜治さんお好みの関西フォークが生まれたのは1960年代後半から。その頃アメリカのフォーク・ソングの世界はどういう状況だったのでしょう。 当時アメリカのフォーク・シーンで脚光を浴びていたのがボブ・ディランとジョーン・バ...
小西さんの投稿

今週のアーチスト ジェームス・ブラウン

ジェームス・ブラウン ゴッドファーザー・オブ・ソウル、ショー・ビジネスの世界で最も多忙な男、ニュー・スーパー・ヘビー・ファンクの伝道者など、幾多のニックネームを冠していたJBことジェームス・ブラウンは、2006年12月25日のクリスマスに...
小西さんの投稿

今週のアーチスト ザ・フー

ザ・フー ザ・フーがロジャー・ダルトリー(ボーカル)、ピート・タウンゼント(ギター)、ジョン・エントウィッスル(ベース)、キース・ムーン(ドラムス)の4人組となったのは、1964年秋のことでした。その前年、ロジャーとジョンのバンドにピート...
小西さんの投稿

今週のアーチスト フォーク・クルセダーズ&ブロードサイド・フォー

フォーク・クルセダーズ&ブロードサイド・フォー解散の記念にと自主制作したLPの中から「帰って来たヨッパライ」が大ヒットを記録し、アマチュア・バンドからプロのバンドになったというフォーク・クルセダーズ。フォークといえばアメリカのモダン・フォー...
小西さんの投稿

今週のアーチスト エリック・クラプトン

1945年 3月30日 イギリスのリプリーにて誕生したエリック・クラプトン。人気・実力ともに最高のギタリストとしてギターの神様の異名を持ちます。1963年にヤードバーズ 65年にブルースブレイカーズに参加し、若くしてギタリストとしての名声を...
小西さんの投稿

今週のアーチスト ザ・シーカーズ

ザ・シーカーズ ザ・シーカーズは、1962年にオーストラリアで結成されたグループです。エソール・ガイ、ブルース・ウッドリー、キース・ポトガーの男性3人に、紅一点のジュディス・ダーハムという編成で、 1964年の夏に公演先のイギリスで、スプ...
小西さんの投稿

今週のアーチスト オリビア・ニュートン=ジョン

オリビア・ニュートン=ジョン オリビア・ニュートン=ジョンが8月8日、亡くなりました。享年73歳。まだまだこれからなのに残念です。彼女は30年以上にわたって乳がんと闘い、早期発見の重要性を訴える啓発活動なども行っていました。また日本に10...
小西さんの投稿

今週のアーチスト ビーチ・ボーイズ

カリフォルニアの新興住宅地ホーソン。ここで過ごす、ブライアン、デニス、カールのウィルソン3兄弟と彼らの従兄弟にあたるマイク・ラヴ、ブライアンの幼なじみアル・ジャーデン。この5人で ビーチ・ボーイズは誕生しました。1961年夏のことです。彼ら...
小西さんの投稿

今週のアーチスト サイモン&ガーファンクル

サイモン&ガーファンクル 心ならずもフォーク・ロックに転向させられたデュオがいます。ともに1941年ニューヨーク生まれ。同じ小学校で同学年という縁で、1950年代後半にトム&ジェリーというデュオ名で歌っていたサイモン&ガーファンクルです。...
小西さんの投稿

海外のアーチストが日本語で歌った歌

今日は小松さんが出演ということで、日本のフォークの話ができればいいのですが、残念なことに知識がありません。その代わりに、ポップスのヒット曲を日本語ヴァージョンで吹き込んだ外国人アーチストを挙げてみたいと思います。 なんといってもヒット...
タイトルとURLをコピーしました