今日が命日~レッド・ツェッペリン(ZEP)の名ドラマー、ジョン・ボーナム(1948.5.31~1980・9・25)

小西さんの投稿

ZEPのドラマー、ジョン・ボーナムの今日が命日です。泥酔したまま寝込み、吐いた物を喉に詰まらせての窒息死でした。長いツアーのため、家族と離ればなれ。その寂しさを紛らわすために酒に溺れていった、と言われており、死の当日にもかなりの量を摂取していたようです。ジョン・ボーナムのドラムがあってのZEPです。彼の死をきっかけにバンドは解散。あのドラミングを二度と生で見ることはできなくなってしまいました。

そのZEPですが、1968年、ヤードバーズのジミー・ペイジを中心に、当時は無名の存在に過ぎなかったロバート・プラント、その友人であったジョン・ボーナム、セッションミュージシャンとして既に実績のあったジョン・ポール・ジョーンズの4人で結成され、69年にデビュー。大音量のパワフルなブルースロックとプラントのボーカルはすぐさま支持を集め、瞬く間にスーパースターの地位を獲得しました。ZEPの成功により、ギタリストとボーカリストを2枚看板に、各々が個性をぶつけ合うという構図が、ロックバンドのあるべき理想の姿となり、その後にクイーン、エアロスミス、ガンズ・アンド・ローゼズが同じスタイルで登場することになります。リフ主導というハードロックの基本形態を創り上げた彼らの作品は、発表から半世紀を経た今もなお、少しも色あせていません。

今日、神龍のマスターからリクエストいただいたZEP初期の代表曲「胸いっぱいの愛を」(70年)は、このバンドのシングルとしては最高位のビルボード第4位という成績を残しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました